こんにちわ~!
凪良ゆう先生、再び。

_20180711_213732





①あらすじ


 「俺は将来、悪徳弁護士になって金を稼ぐんだ!」
大学生と偽って、蜂谷の家庭教師に現れた同級生の入江。
目的の為なら年齢詐称も厭わない現実主義者。
有名ラーメン店の跡取りで、将来が決まっている蜂谷は、自分と正反対な入江に驚かされてばかり。
共にゲイだと知っても、「お互い範疇外だ」と言い続けていたけれど・・・
築き上げた友情の壁は簡単には崩せない・・・
こじらせまくった永い初恋。


②属性


両片想い、切ない、同級生


③感想(ネタバレ有り)


い・り・え~!!!!!好き!

下記4本立てです。
●恋にはまだ遠く ・・・蜂谷(受け)視点で、入江への恋を自覚するまで。
●大学デビュー ・・・入江(攻め)視点で、蜂谷への気持ちを自覚するまで。
●初恋の嵐 ・・・蜂谷視点。ようやく二人が想いを伝え合うまで。
●入江孝之の最高で最低な一日 ・・・入江視点のSS。付き合ってから温泉旅行に行くお話。

最近、『ポルノグラファー』がドラマ化決定しましたが、
この『初恋の嵐』もドラマ化したら面白いだろうなあ~と個人的には思ってます。
二人の恋だけでなく、友人のセクシュアリティの問題や、お互いの家族の問題、仕事の話など、
色々な題材があって、でも詰め込みすぎというわけではなく、すごく面白かったです。

少しコメディよりの作品ですが、切なさもあり、私の好きな両片思いのお話でお気に入りの作品。

とにかくメインの二人がすっごく愛すべきキャラなんですよ~!
まずは攻めの入江。
あらすじにある通り、ちょっと変わり者なのですが、でも決して悪人ではなくて、
いくつかのエピソードを通して、入江の魅力が描かれていて、
蜂谷が「こいつを好きになってもきっと報われない」と思いつつも好きになっちゃう気持ちがよく分かる!

一方の蜂谷は、お坊ちゃま育ちで世間知らずのところがあり、入江曰く『脳内お花畑』なのですが、
不思議と全くイライラしない。
友達思いで、お坊ちゃまだけどそれをひけらかすこともなく、
自分が知らないことをきちんと認められるし、また社会人になってからは停滞する家業を何とかしようと奮闘する好青年です。
そして入江への気持ちを自覚してからは、すごく健気で、いじらしい!

萌えどころとしては、やはり永い『両片想い』というところですかね。
BLに両片想いっていうのはよくある題材かと思うのですが、
お互いゲイだと分かりあっているのにここまでこじれるって珍しいパターン!

しかもですね、この二人、両片想いなのに話の途中で一度だけ関係を結ぶんです!!
気持ちを自覚した入江が蜂谷を押し倒しちゃうのですが、
入江はこれまで恋をしたことがないので、肝心な自分の気持ちを伝えられず、結局またすれ違い・・・。
本当にどこまでもじれったい二人!

両想いになったときは、ようやく!という感じでした。
あと、入江が蜂谷への気持ちを自覚してからは、めちゃくちゃ気持ちが甘くて良かったです。
最後のSSの「入江孝之の最高で最低な一日」の甘々っぷりったらww
ごちそーさまです!

★が-1なのは、単に好みの問題で、私がシリアストーンのお話が好きだからです。
でも、ちょっとクスッと笑えるお話や、ケンカップル系のお話が好きな方にはぜひおススメ。
 

④電子取り扱いサイト


BookLive! 
Renta! 
コミックシーモア
honto



※よろしければクリックお願いします♪ ↓↓

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL読書感想へ
にほんブログ村