こんにちは!
1年経つのって本当に早いですよね〜
特に今年はなんだか早く感じました。

今年もいっぱいBL読んだな。
2019年発売マイベストBLを、年末にまとめようと思っていて、最近その候補をピックアップしていました。(漫画だけ)
そしたら急にブログを書きたくなったので書きます(笑)

※ちなみに去年のマイベストBLはこちら↓



以下、今年読んで、面白かったな~!と思った漫画たちです。


●理想の恋人姫宮くん (木田さっつ先生)




木田先生の体格差モノが大好きすぎて、単話配信からずっと追っていました。
過去の失恋のせいでトラウマを抱える心優しい攻めと、
攻めの理想そのものである受けのお話。
序盤はトントン拍子に二人の関係が進んでひたすら甘い!
でもそんな中でも、姫宮くん(受け)の「実は裏があるのでは!?」みたいな意味深な様子がいくつかあって・・・
先が気になって・・・そして最後は泣けました・・・。
さっつ先生ご自身が体格差モノが大好きとのことで、
ファンのツボを分かっている!!!
何度も読み返しています。

※試し読みはこちら⇒「BookLive!」「Renta!」「eBookJapan」「ひかりTVブック」「コミックシーモア」「kindle」「honto
(単行本はまだ紙しか発売されていないので、単話のリンクを貼り付けています)


●糸永くんの恋の糸 2巻 (奥田枠先生)




待望の2巻!!!
続きが読めるとは思っていなかったのでとても嬉しかったです。
ラブラブっぷりはもちろん、糸永くんの可愛さも、切なさも、エロも、
すべてがパワーアップしていて・・・本当に大満足の一冊でした。
前巻で完結はしていたものの、
二人の過去(いじめ)については少しモヤっと思っていたところがあったので、
その点をクリアにしてくれたこと、
その過去を二人できちんと乗り越えていく姿が見れて本当に良かったです!
そして相変わらずエロかった~!!!
この二人、ほんと若者らしくいろんなプレイを楽しんでいてサイコーです!(笑)
一話一エロ!!やっほー!

※試し読みはこちら⇒「BookLive!」「Renta!」「eBookJapan」「ひかりTVブック」「コミックシーモア」「kindle」「honto



●17 初恋 3巻 (木下けい子先生)




これも・・・本当に何度読んだことか。
生徒×教師の年下攻め。
先生には長い間片想いしてる別の人がいて、そんな先生を好きになってしまった生徒とのお話。
ずーっと二人の片思いの切なさに号泣。
1巻・2巻では、とにかく若さとまっすぐさでグイグイいっていた攻め。
でも先生はすがすがしい程に攻めの事を全然好きにはならなくて。
気持ちの方向が全く向き合わないのが悲しくて、
3巻でどのように完結するんだろう…と思っていましたが…
大満足◎
先生が一歩踏み出した様子が見られて感動でした。
付き合った後の小話もあって、キュンキュン~!!!もっと読みたい!!
攻めはこれからもっともっといい男になると思います。

※試し読みはこちら⇒「BookLive!」「Renta!」「eBookJapan」「ひかりTVブック」「コミックシーモア」「kindle」「honto


●カーストヘヴン5巻 (緒川千世)




ずっと楽しみにしていた5巻!修学旅行篇。
あ~向き合っている二人の表紙がまずエモい・・・!!!
そして!!!二人の関係が!!!!!!
どんどん甘くなっていく!!!!!!!!
カーストの上で成り立っているはずの二人の関係が、
少しずつ変わっていく様子が描かれています。
特に刈野がね~言葉は相変わらずの横暴さなんだけど、
ヤツは行動で示すタイプでしたね・・・
周りが気になって寝付けない梓のために、わざわざ別宅を確保してあげたり、
布団敷いてあげたり・・・
あとはやっぱり言い訳つきのキス・・・
あれだけ激しいことやっているくせに、
「嫌がらせ」という建前がなければキスすらできない二人にぎゅんぎゅん・・・
またこの時の梓の手がかわいいのよ…はぁ…。
ただ、ラストは不穏な終わり方なので、続きが気になります。

※試し読みはこちら⇒「BookLive!」「Renta!」「eBookJapan」「ひかりTVブック」「コミックシーモア」「kindle」「honto


●4月の東京は… (ハル先生)




両片思い(?)の再会モノで、こちらも続きがキニナル!!
太陽のようなノンケ×健気なゲイとゆう組み合わせは鉄板…
相手を守る為に自らが犠牲になる受けの健気っぷりに泣かされ、
両想いなのにすれ違う二人が切ない(涙)
前半は攻め視点、後半は受け視点。
攻め視点のときは、切ないながらも、「まぁよくある再会ものかなぁ〜」と思っていたのですが、後半受け視点になると一転!
もう受けの健気さと、攻めを守り抜くんだとゆう覚悟が凄すぎて…。
距離を置いてもやっぱり惹かれあってしまう二人ってのは最高だー!
早く続き読みたい!

※試し読みはこちら⇒「BookLive!」「Renta!」「eBookJapan」「ひかりTVブック」「コミックシーモア」「kindle」「honto



●カスタマスカレード(恋愛中!) (瀬戸うみこ先生)




カスタマスカレード続編。
相変わらず笑って泣いて怒って色々忙しかったです(笑)
うみこ先生の本は、本当に絶妙なタイミングでギャグを持ってくるんですよね・・・
でもギャグに走りすぎず、シリアスやエロとのバランスが・・・すごい。
あとあんなに後ろ向きだった江藤さんが、
岸本さんと付き合うことでよい方向に成長していくのが感涙で。
いくつになっても人は成長できるんだなぁ~。
そして本編はもちろん、私はミニキャラパロディの「えとうさぎさん」が大好き。
とてもとても癒されました。

※試し読みはこちら⇒「BookLive!」「Renta!」「eBookJapan」「ひかりTVブック」「コミックシーモア」「kindle」「honto



●シャングリラの鳥 (座裏屋蘭丸先生)




まだまだ序章という感じですが、この後の展開がとても気になる作品でした。
オリジナル舞台で、1巻はその設定や登場人物の過去、背景など、
至る所に伏線が散りばめられて終わった感じ。
大きな展開はないものの、座裏屋先生の描く男性(裸体含む)が美しくて全く弛れない。
そして最後、今まさに動き出しそう!とゆう良い所で終わるのですよ。
キャラクターもなんだか濃そうな気配。
特に攻めがね、頭固すぎなぐらいの常識人なのに、
女性の相手は無意識にスマートで手馴れていて。
そして基本はあらゆることにドライで冷たいのに、
これと思った相手や物事には怖いぐらいの執着を見せるギャップが良かったです。

※試し読みはこちら⇒「BookLive!」「Renta!」「eBookJapan」「ひかりTVブック」「コミックシーモア」「kindle」「honto」「



●アンチアルファ (奥田枠先生)




奥田先生のオメガバース。
『ずっと強く意識している。群れのトップを争う、同じαのその存在を。』
とゆうモノローグからはじまるんですけど…
すでに最高。絶対好きだなとはじめの1ページで確信しました(笑)
ケンカップルや男前受けが好きな方には絶対オススメ!!
受けの上代はΩなのですが、訳あってαとして育てられ、α専用の学園で生活しています。
生まれ持ったハンデを、並々ならぬ努力で克服し、
今後もαとして生き続ける、と強い矜持を持っているところが新鮮でよくって◎
でもそんな受けが、大嫌いな攻めの強いフェロモンにあてられ発情してしまい・・・とストーリーが展開します。
エロもかなり多いのですが、エロ重視、というわけではなく、
「運命の番ってなんだろう」「理性は運命に勝てないのか?」といったことが
テーマとしてあって、読みごたえがありました。
受けが男前なのも良かったし、攻めが乱暴に見えて受けに一途で実は優しいのもツボでした!

※試し読みはこちら⇒「BookLive!」「Renta!」「eBookJapan」「ひかりTVブック」「コミックシーモア」「kindle」「honto



●ブルースカイコンプレックス番外編集 
 インディゴブルーのグラデーション (市川けい先生)






今年は5巻の発売もあったブルスカ。
もう本当に楢崎と夏生カップルが好きすぎてつらいです(笑)
インディゴは、同人誌集ということでエロ多め!
もう感謝です・・・こんな素晴らしいものを一冊にまとめてくださって・・・。
これがたった700円で読めるんですよ、信じられます?
付き合いも長い二人なのに、相変わらず些細なことで惚れ直すのが可愛い。
髪の毛を切ったとか、見慣れないスーツを着てるとか、ベタなんですけど、
若い今風の男の子がそういうベタなことにベタに興奮するのが可愛くて可愛くて…
繰り返し読みたい1冊です。

※試し読みはこちら⇒「BookLive!」「Renta!」「eBookJapan」「ひかりTVブック」「コミックシーモア」「kindle」「honto



●かわいがるならシてもいい (北野仁先生)




健気年下攻めによる溺愛もの。
受けにはずっと片想いしている友人がいて、
でもその想いは決して叶わないから・・・と、学生時代からずっと攻めと関係を持っています。
ぶっちゃけ、この受けに対して受け入れられない人もいるだろうな~とは思いました。
攻めが自分のことを好きなことを知りつつ、
自分の寂しさを紛らわせるために関係を持っているのがなかなかずるいです。
あと、友人への気持ちや、自分のジェンダーをかなりこじらせている感じもします。
でも、普段は弁護士としてクールなキャラを崩さない一方で、
攻めの前では、大好きな可愛いものを前にしたときに目を大きく輝かせる姿がかわいくて。
そして北野先生が描く絵が大好きなのと、
受けを溺愛する攻めが大好きなので、私はお気に入りの一冊です◎

※試し読みはこちら⇒「BookLive!」「Renta!」「eBookJapan」「ひかりTVブック」「コミックシーモア」「kindle」「honto



●僕のおまわりさん2巻(にやま先生)



これも良かった〜!!
1巻は、晋くん(攻め)の押せ押せモードで、
誠治くん(受け)の恋愛スイッチがあまり強く入ってないのかなぁという印象を受けていました。
でも2巻はすっかり恋人モードで甘々で、ちゃんと好き合ってるんだなぁと感じられて◎
晋くんのがっつき具合が相変わらずで面白くて、
時折入るギャグトーンも笑えました。
3巻もはやく発売されてほしいな。

※試し読みはこちら⇒「BookLive!」「Renta!」「eBookJapan」「ひかりTVブック」「コミックシーモア」「kindle」「honto



●狂い鳴くのは僕の番;β2 (楔ケリ先生)




楽しみにしていた2巻!
まずね…β×Ωて設定さいこうなんです、大好物なんです。
好き合ってるのに結ばれないとゆうのはほんと何度読んでも萌えます。
次巻予告のカットも最高だし、早く続き読みたいけど、どんな風に結ばれるのか想像つかない!!
お願いだから二人とも幸せになってくれ~!!!


※試し読みはこちら⇒「BookLive!」「Renta!」「eBookJapan」「コミックシーモア」「kindle」「honto



思いのほかたくさんの作品になってしまった・・・
長くなり過ぎたのでこの辺にしますが、下記あたりもすごくすごく良くて、
何度も読み返しています!

      

まだ2カ月あるので、他にもいろんな作品を読むのが楽しみです!!
名作多すぎてマイベスト選べないわ!

それではこの辺で。



※よろしければクリックお願いします♪ ↓↓

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL読書感想へ
にほんブログ村