こちら最近再読しまくってます。
一日に一回は開いているかも(*^_^*)
絵も好きだし、キャラクターも好きだし、展開も全部好きだなぁ。





【試し読み】


【あらすじ】
弟と二人暮らしの晃生には、忘れられない人がいる。 
高校時代の同級生の嵯峨だ。 
高校生の時に晃生は嵯峨とのキスを弟に見られてしまう。 
罪悪感から晃生は嵯峨を遠ざけ、そのまま疎遠になった。 
だが、それから十年以上経ったある日、嵯峨は弟の仕事関係者として再び晃生の前に現れて…!?


【感想】
タイトルの通り、初恋同士の再会モノです。
「初恋が牙をむく」って、印象的なタイトルですよね。
〝初恋〟という淡くて優しいイメージと、〝牙をむく〟という単語がはじめは結びつかなくて。
でも読み終わると、「なるほどピッタリなタイトルだなぁ」と。

全体的にはゆったりと素朴な感じで話が進みます。
ただ随所で、学生時代の苦い初恋のエピソードがはさまれていて、胸がギュッと締め付けられます。
確かに想いあっていたのに別れてしまったふたり。
そのきっかけとなる出来事自体は、あとから振り返るとそこまでオオゴトではないんですよ。
でもその当時、大好きな人と距離を置いてしまうほど思い詰めてしまった受け様の臆病さや真面目さ、そして優しさがたまらなく好きです。

また、本編は終盤まで受け様の視点で進むので、彼の健気さに感情が揺さぶられてしまうのですが、
読者には、攻め様も過去の別れをすごく後悔してることや、今でも相手を大切に思っていることが、その表情から痛いほど伝わってきます。
むしろ攻め様の方が、「あの時もっとこうしていれば」という切実な感情に突き動かされている気がしました。

過去に中途半端な別れ方をしてしまったために、再会してもすれ違ってしまうのが切なかった…
何年経ってもずっと忘れられなかった相手と再会し、理性をコントロール出来ずに感情が溢れ出る様子、まさに初恋が牙をむく様子が、とても伝わってきました。

相手はもう自分のことを好きじゃないと思っている受け様。
それでも、自分の気持ちの区切りのためにも、過去の自分の態度を攻め様に謝り、過去を清算しようとするシーンは泣いた…

その後、
「ちゃんとお別れを言えていなかったから、まだ繋がれてると思い込めてたんだ」
「これでほんとに終わったんだなぁ」
と一人で泣くシーンは私も涙腺崩壊だったわ…

無事に結ばれた時はホッとしました。
大満足なのですが、ぜひ続きが読みたい!!
受け様が慣れてなくてめちゃくちゃ可愛くて。
そんな受け様をでろでろに甘やかす攻め様を見たいなぁ。
受け様、学生の頃と全然変わってないんだよなぁ。すごく純粋で。
ほんと恐ろしい子。

また読み返そっと。



※よろしければクリックお願いします♪ ↓↓

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL読書感想へ
にほんブログ村