あぁ~笑った!!!
最近は甘めのBLにハマっています。
自粛ムードに疲れているのかな~




【試し読み】
BookLive!」「ひかりTVブック」「Renta!」「eBookJapan」「コミックシーモア」「honto

【あらすじ】 ※販売サイトより
老舗旅館の次男でホテルグループ社長の泰成は、仕事は順風満帆なものの、周囲から見合いや結婚を勧められることを毛嫌いしていた。
そんな中、遠縁の親戚で、家族を亡くし、引き取られる先もない、一人の青年の存在を知る。
利害の一致もあり、その少年・優輝を引き取り育てることになった泰成。
月日は流れ、優輝も大学生となった。情を移すこともないかと思っていた泰成だったが、素直で健気な優輝との生活は幸せに溢れており、彼のことを大事に大切に愛おしみ、溺愛するまでになっていた。
家族として優輝をずっと大切にしたいと思っていた泰成だったが、何でも話してくれた昔と違い、最近の優輝は何か隠し事があるようで……?

【感想】
安心安全のデロ甘BLでした!
最近、自粛生活で心が疲れているのか、無性に甘いBLが読みたくなるんですよね。
大好きな名倉先生の作品で、レビューも高かったので読んでみましたが、大正解でした!

内容はあらすじの通り。
両視点ですすむ両片想いです。

何が面白いって、攻めの泰成ですよ、泰成!(笑)
彼は、若くして仕事で成功を収めているスパダリ・・・
そう、間違いなくスパダリなんですけど・・・
読み進めると、「あれ・・・?ちょっと、いや、だいぶ残念な人・・・?」という本性があらわれてきます(笑)
とにかくもう、優輝のこととなるととんでもない過保護でヘタレなんですよ!
事情があって引き取った優輝のことをとても溺愛していて、ただ本人はそれを恋愛感情とは自覚していなんですね。
あくまで、家族愛・親子愛だと思っています。

「無理に働かなくていいんだ。
小遣いが足りないなら、いくらでも増額する。
それのどこが悪い?どうせ卒業したら働かなくちゃならないんだ。
そもそも外には危険がいっぱいだ。
あの子を守るのは俺の義務だろう?
くそっ、通学の送迎を手配してやりたい・・・・・・!」


もう終始こんな感じ。
優輝のためになることはなんでもやってあげたいし、
優輝には何の苦労もしてほしくない!
よって、アルバイトも絶対ダメ!!って感じなんです。

ほんと笑っちゃってバカらしいんですけど、この泰成の感じを中和している要素が二つありまして。

一つは、優輝視点が少し切なめである、ということ。
泰成と違って、優輝は自分の気持ちが恋愛感情であるとちゃんと自覚をしています。
でも、泰成からは子供や弟分ぐらいとしか見られていないと思っているので、
その片想いの心情が切なくて。
あと、泰成に引き取られる前、恵まれた環境にいなかったんですよね、優輝は。
だから、小学生の頃に授業参観に泰成が保護者としてきてくれて、
クラスメイトがそのカッコよさに色めき立っている様子を見て、
純粋に誇らしくて、そして嬉しくて、家に帰ってこっそり泣いた、というエピソードがあるんですが、
ここは優輝がいじらしくて・・・。
そして、こんなにお世話になった人に対して、恋愛感情を抱いてしまった後ろめたさが伝わってきて、
少しホロリときました。

二つめは、泰成の秘書や家政夫さんが、イイ感じのツッコミを入れてくれるんですよ。
特に、秘書である内田さんのあしらい方か面白くて。

泰成 「内田、大変だ、どうしよう、どうしたらいい?優輝が、俺に大切な話があるって言ってきたんだ。悪い予感しかしない。絶対に悪い予感!」
内田 「ああ、はいはい、そうかもしれませんね。朝食を適当に買ってきたので、まずは食べてください。」

テ・キ・ト・ウ!!!(笑)

あと優輝は、基本的に泰成信者なので、
「こんなにカッコいい人は他にはいない!!(きらきら)」って感じなんですが、
ちょいちょい、泰成に対して、「この人は何を言っているのだろう?ちょっとよく分からないな」って思ってたりもして、そのバランスが面白いんです。
教習所に通うことになった優輝に対して、送迎をかってでようとする泰成に対しても、

「教習所の送迎は---「自力で通うので大丈夫です」
「・・・・・・そうか・・・・・」


みたいな感じで、食い気味なところが笑えましたww

当て馬もおらず、登場人物も(泰成の母親以外)がみんないい人なので、
最後まで楽しく読み進められます!おすすめ。

あと、余談ですが、あとがきで名倉先生が、コロナについて触れてらっしゃって。
「まさにこの騒動の中でも、いろんな方の尽力があり、こうして本が出来上がって私たちの元に届いているんだな」と、改めて思いました。
感謝です。




【試し読み】
BookLive!
ひかりTVブック
Renta!
eBookJapan
コミックシーモア
honto



※よろしければクリックお願いします♪ ↓↓

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL読書感想へ
にほんブログ村