最近一番ヒットだった小説です!
めちゃくちゃ良かった~特に後半がね・・・最高でした・・・。





【試し読み】
BookLive!」「ひかりTVブック」「Renta!」「eBookJapan」「honto」「コミックシーモア


【あらすじ】 ※販売サイトより
自ら起業し社会的な成功をおさめながらも、親友への叶わぬ恋にフラストレーションを抱える高野。
憂さ晴らしに一晩30万円で澄んだ瞳の青年・渉を買うが、文句ひとつ言わず従う渉に苛立ち、酷く当たってしまう。
それでも変わらず逢瀬に応じる渉――いつしか二人でいる時間が心の拠り所になっていた高野は、溺れるように渉にのめり込んでいくが……


【感想】
攻めざまぁ展開が好きな方、健気受けが好きな方にはぜひおススメしたい一冊です。
わたし、BL小説は結構数を読んでまして。
特に現代もの・健気受け・切ない系の話で、
地雷がなさそうな作品、かつ有名な作品はほぼほぼ読みつくしたんじゃないかと思っていて。
それでも色々手を出して、「ああ、これはやっぱり好みじゃなかったなー・・・」って思うことが最近頻繁にあって。
そんな中で、一昨日に出会ったこの作品!!!
序盤は、わりとテンション普通で読み進めていたのですが、
後半からもう萌えが爆発して、!!さいっこうに楽しめました!!

っと・・・前置きが長くなってしまった。

まず内容ですが、本編全て攻め視点です。(結構珍しいですよね?)
極悪人、というタイトルの通り、少し鬼畜な攻めです。
まあでも極悪人という程ではないかな。
一緒に起業した親友(男・既婚者)への想いをくすぶらせていて、
憂さ晴らしに、受けを30万円で買って関係を持ちます。
前半の受けとの関係シーンは表現がボカされていますが、相当受けを痛めつけているのは伝わってきます。

一方で受け様。
『婚約者が妊娠してお金がいるから』と、自ら身体を売り、攻め様と関係を持ちます。
あ、「おいおい、なんちゅー理由で自分の身体を売っとんじゃい!!」って思うかもしれませんがご安心を。
詳細は控えますがこれには裏がありますので。

どんなにひどく扱っても健気に受け止める受け様に徐々に惹かれていく攻めですが、
この攻め様、何事にも恵まれているように見えて、実はすごく大きな孤独を心のうちに秘めていて。
少しずつ受け様の存在をよすがとしていくけれども・・・というストーリー。

ストーリー序盤は、攻めが結構鬼畜だというのと、
受けがなにを考えているのか分かりにくい部分があったので、イマイチかな?と思ってたんです。
でも、攻めが受けに惹かれ始めてからの執着っぷりがやばくて!!!
サイコパス!(褒めてる)
貧しい受けの家庭に家具をプレゼントしまくって、
「これで俺から離れても、ずっとあいつは俺に囲まれて生きていくんだ・・・ぐへへ」みたいなシーンもあり。
なんかこう書くとちょっと気持ち悪いな・・・(笑)
でも攻めは、受けがこれから結婚して家庭を持つと思っていて、
かつ、自分との関係はあくまでお金で結ばれた関係だと思い込んでいるわけで。
それゆえの健気な様子とか、受けの幸せを願う様子が切実で、実際読むと落涙・・・。

そして受けの生い立ちが悲しくて。
書きおろしで受け視点があって、受けがこれまでどういう心境でいたのかというのが明らかになるんです。
攻めも孤独だったけど、受けもまた悲惨で孤独な人生を送ってきて。
どちらも相手にとって、やっと出会えた心安らげる居場所なんだなと思うと・・・もう・・・ね・・・(涙)

作品全体の8割が結ばれるまでで、甘々な後日譚が2割ほどあるんですが、
わたしはこの後日譚を何度も読み返しています・・・!
攻めが受けを溺愛していて、すごく甘々ではあるんですが
受けの悲しい生い立ちが明らかになるので、切ない雰囲気もあって。
静謐な雰囲気の中で、二人がそっと寄り添って、他愛ない幸せを積み上げていく様子に
また涙が出てくるわけです・・・はあ…好きだ…


「渉がこうやって、ここにいることが信じられないくらいに幸せで嬉しいんだ」

「高野さん、幸せなんですか?」

「幸せだよ」

「本当に・・・・・・?」

「本当だよ」

高野の言葉に、渉は唇を噛んでうつむいた。

「渉?」

「------ずっと、思っていたんです。たった一人でいいから、誰か一人でも、一瞬でも、幸せにできたらって。誰か一人でも、そう言ってくれたら、僕はずっとそれを宝物にして生きていけるって」


・・・・・・・・・・・・(泣)


ちなみに、ちるちるの作品紹介で、エロ度が「エロエロ」となっていますが、そこまでエロは多くないです。
エロよりも確実にストーリー重視なので、エロを求めている方には物足りないかもしれません。
その分、攻めが受けに少しずつ惹かれていく様子はすごく丁寧に描かれていたなと思います。
わたしは電子で読んでいるのでページ数は分かりませんが、これ、結構紙だと分厚いんじゃないかなぁ?
脇キャラとの関係含め、心情面が分かりやすくて共感しやすかったです。

あ、あと一つ注意点。
攻めが受けにする仕打ちの中に、「別の男に抱かせようとする」シーンがあります。
一応未遂ということになっていますが、私的には未遂ではなかった!
ストレートにいいますと、「先っぽ入っちゃってるよね!!???」という。
人によってはこれは地雷かなと思いますのでご注意を。

はあーーまた読み返そっと。
色々調べていたら、なにかの特典でさらに数年後の二人のSSがあるみたいで・・・
読みたい・・・読みたいよ・・・。





【試し読み】
BookLive!
ひかりTVブック
Renta!
eBookJapan
honto
コミックシーモア





※よろしければクリックお願いします♪ ↓↓

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL読書感想へ
にほんブログ村