ちるちるでランキング上位にあがっていたので読んでみました。
ザ・オメガバースって感じのお話です。





【試し読み】
BookLive!」「ひかりTVブック」「Renta!」「eBookJapan」「コミックシーモア」「honto


【あらすじ】 ※販売サイトより
シングルマザーでオメガのレイは三歳のバドゥルとふたり、貧しさに負けず暮らしていた。
売りと間違われ襲われたところを助けてくれたのは、シナン王国の王子ラシードだった。
さらに、困窮する生活を救ってくれて、数年ぶりの再会に心がざわついてしまうレイ。
ラシードとバドゥルの似た面差しを見つめるたびに、事実を知られてはいけないという思いとうらはらに心がざわついてしまい……。
発情を促され、王子とのセックスに蕩かされて――。


【感想】

THE・オメガバースの王道!って感じのお話でした。
ちなみに舞台は現代で、表紙の印象とギャップがあったのですがSNSとか出てきます(笑)
最近のオメガバースは設定も様々で、
オメガがそこまで虐げられていない世界観も結構あると思うのですが、
この作品の中では、めちゃくちゃ可哀そうなんです・・・。
職業の自由もないし、レイプされそうになっても「オメガが誘惑したからだ!」と責めれたり・・・。

そんな中で受けのレイがめちゃくちゃ健気で。
過去にピンチを助けられ、そのまま一度きりの関係を持った攻め様との間に息子を授かり、シングルとして頑張るレイ。
(↑なんかこう書くと尻軽に感じるけど、全然そんなことはなく、ただひたすら健気)
日々食べるものに苦労し、自分も死ぬほど空腹なのに、息子・バドゥルに自分の分までパンを与えたり・・・。
高岡先生の本は初めて読んだのですが、心理描写が素晴らしく、その分悲壮で。
レイの置かれる環境があまりにも過酷過ぎて涙が出ました。

数年ぶりに攻め様と再会し、再び助けられ、住み込みで働くようになるのですが、
ここでも、他の使用人からオメガということで虐げられ、バドゥルまでいじめにあってしまいます・・・
バドゥルが親想いのめちゃくちゃいい子で・・・もうそれだけで泣けた。

すごく良いなと思ったのが、レイとバドゥルの親子の関係で。
恋愛小説なので、レイの切ない気持ちとか、いじらしさももちろんあるのですが、
レイとバドゥルの絆もすごく丁寧に描かれているんです。
レイにとってはバドゥルが何よりも大切で、その為にできることは何でもする、という気持ちが一貫してぶれなくて。
一方でバドゥルもレイのことが大好きで、レイを困らせないように耐えているところがなんとも健気。
オメガバースって、運命の番がいたりヒートの描写があったりで、
普通のBL以上にメイン二人の結びつきが強くて、それが物語の中心になっていると思うんですけど
このお話は、恋愛要素もしっかりありつつ、"親としてのレイ"も大きな軸になっていて、その強かさがレイに共感できるポイントだなぁと思いました。

っと、攻めのことまだ何も書いてないですが、もちろんラシードもいい男でした!
生まれながらの王子様で、何の苦労もしたことがないので、
人を疑うことを知らず、自らの使用人にレイたちが虐げられていることにも気づかないラシード。
このあたりは、キイイイイイと思いましたが、レイに惹かれ、守ると決めてからの行動は立派!
スパダリ過ぎない感じが逆に好きでした。

あと、BL展開にしては珍しく(?)、ラシードは過去のレイとのことをあまり覚えていなんです。
レイが偽名を使っていたこともあり、再会しても、過去に関係を持った相手だとは気づきません。
でも、レイとは気づかなくても、その時のレイとの会話がその後のラシードの生き方に影響を与えていて。
「過去の逢瀬を忘れられずずっと追いかけていた----」みたいな展開ではないけれど、
でもそのロマンティック過ぎない感じが、すごく好きでした。

ちなみに・・・
私はすごくいいお話だなと思って満足度も高かったですが、苦手な人はいるかもしれません。
あらすじの中でも、受けのことを「シングルマザー」と表現しているように、
受け様を女の子に置き換えても成り立つような感じもあったので。
私も、受けを女性みたいに扱うBLは地雷に近いのですが、
これはレイがあまりにも健気で共感できるのと、
過酷な環境の中でも、息子・バドゥルの為に逞しく頑張る姿に、単純に胸を打たれてしまって(´;ω;`)

健気受けが好きな方にはとてもおススメです!


【試し読み】
BookLive!
ひかりTVブック
Renta!
eBookJapan
コミックシーモア
honto




※よろしければクリックお願いします♪ ↓↓

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL読書感想へ
にほんブログ村