こんにちは。
今日もBLアワード絡みの1冊を。
といっても去年の入賞作品ですが。

★ネオンサイン・アンバー (おげれつたなか)
 ※電子版購入サイトはこちら⇒「
BookLive!」「Renta!
 ※電子書籍サイトのおススメについては、下記の記事をご参考ください♪
  ●
【ひとりごと】おススメの電子書籍アプリ①BookLive!
  ●【ひとりごと】おススメの電子書籍アプリ②Renta!
 
_20180408_092818


さくらのおススメ度:★★★★★

クラブのフロア担当×褐色のチャラ男

おげれつたなか先生の本の中で一番好きー!
大好き!
受け様が健気で可愛すぎて泣けます…。
見た目とギャップがありすぎて、
だからこそ愛しさが倍増…。

健気受けが好きな方はぜひ読んで欲しいです!


それでは、ネタバレOKな方は、↓から。


【あらすじ】□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■

床ごと鼓動しているようなクラブで緒方は、客のひとり、サヤと出会った。
サヤはいつも違う女を連れた、アンバー色の肌をしたギャル男。
正直、苦手なタイプだった。
ところが、偶然サヤに金を貸し、お礼に手料理の朝食をおごってもらうことになる。
真夜中に見る軽薄なサヤとはちがう、ていねいに作られた食事。
緒方は加速度的にサヤに惹かれるが---。
「ごめん」というひとことが胸につきささる、おげれつたなかの真夜中生まれの恋の物語!

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□


ギャル男がこんなに可愛いなんて・・・反則じゃない・・・!?
こういうタイプの受けといえば、同じくおげれつ先生の「恋愛ルビの正しいふりかた」が有名ですが、
個人的には断然サヤの方が好き!かわいい!健気!!!!

あらすじや表紙の絵を見て、すごくチャラチャラしたキャラクターのお話なのかなと思っていたのですが
全然そんなことなくて。

サヤも緒方もとても純粋で、あたたかい雰囲気のストーリーでした。

魅力は、何といってもサヤの健気さ。
女の子と遊んでばかりに見えるサヤは、実はゲイ。

昔、ゲイであることでいじめられた経験を持っていて、それがトラウマになり、
男を好きになる自分を気持ち悪いと思っています。


そんな中で緒方から好意的な態度を取られて、
「・・・俺っ、ほんとは、男の人が好き。ゆーすけが違うのは分かってるし、
俺、自分がキモいのも分かってるけど、こんないっぱい触られたら、期待しちゃうじゃん」
と、
緒方に抱きつくサヤが可愛くって。
でも、この時の緒方は結局、サヤを抱けないんです。

サヤを愛しく思うのに、どうしても女の身体じゃないサヤを、身体が拒否してしまいます。
そんな緒方に対して、サヤは怒ってもいいのに、怒らず、むしろ感謝するんです。



***************************************************************************
嬉しかった。
はじめて男の人にぎゅってしてもらったり、キスできた。
ずっとしてみたかったこと。
できてうれしかったよ。ありがとね。
***************************************************************************



くううーー!!健気・・・。
この台詞を言うのがね、黒髪で目がパッチリしてるいかにも~な子だったら、あざとく思えると思うんですよ。

でも、口にピアスあけてるような、褐色肌のギャル男が言うから、たまらなく萌える…。

緒方も、自分からサヤのことを好きになって、思わせぶりに態度をとっていたくせに、
いざとなったら傷つけちゃうのかい!という感じなのですが、
それでも緒方の気持ちも分からないでもなくて・・・。
ノンケの人がいきなり、性別を超えるのは難しいよね・・と共感。

それでも緒方は精一杯サヤに対して誠実であろうとするし、
男の人を好きになる自分の気持ちを否定するサヤに対し、
「サヤが誰かを好きになるのは、キモいことじゃないよ」と伝えるシーンは、本当に良かったなぁ。
そして二人がようやく結ばれたシーンは、すごく幸せな気持ちになりました。


本当にオススメです。

それではこの辺で。


★ネオンサイン・アンバー (おげれつたなか)
 ※電子版購入サイトはこちら⇒「
BookLive!」「Renta!
 ※電子書籍サイトのおススメについては、下記の記事をご参考ください♪
  ●
【ひとりごと】おススメの電子書籍アプリ①BookLive!
  ●【ひとりごと】おススメの電子書籍アプリ②Renta!



※よろしければクリックお願いします♪ ↓

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL読書感想へ
にほんブログ村