こんにちは。

今日は、先月末にようやく電子化されたこちらを。
情熱シリーズ13作目です。
とにかく最高でした。


★情熱のきざし (遠野春日)
 ※購入サイトはこちら⇒「BookLive!」「Renta!」「Amazon
 ※電子書籍サイトのおススメについては、下記の記事をご参考ください♪
  ●【ひとりごと】おススメの電子書籍アプリ①BookLive!
  ●【ひとりごと】おススメの電子書籍アプリ②Renta!

_20180602_171517


さくらのオススメ度:★★★★★


もう最高!
こんなに長く続いてるのに、全然中弛みしないってすごい!

ネタバレ含みますが、OKな方はこちら↓↓↓




【あらすじ】□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

幾多の事件を乗り越え、固い絆で結ばれた実業家の遥と佳人。
事業も安定してきた佳人は、ある料理屋店主の陶芸作品を気に入り、自分の店で扱わせてもらえないかと交渉する。
最初はそっけなかった店主だが、店に通ううちに工房に招待され訪ねると、そこには彼の遺体があり殺人犯に疑われてしまう!
常に頼りになる遥たちに支えられ、その容疑を晴らす佳人の前に・・・。

ロングランヒットの情熱シリーズ最新作!

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□


好き!好き!好き!
すごく楽しみにしてたけど、その期待を裏切らない内容でした。

今回はなんと受けの佳人が殺人事件に巻き込まれるというお話。
容疑者として疑われるというよりも、
その事件の前後で出会った人との繋がりが主軸でした。

このシリーズの好きなところは、
とにかく佳人と遥が深く想いあってるところ。
今作もすっごくラブラブ…というより、むしろパワーアップしてました。
途中軽いイチャイチャを挟みつつ、最後までのシーンは2回なのですが、どちらも濃かった!!(萌)
特に一度目の方は、これまでのシリーズを通して一番エロかった気がする…!
この二人は、普通のカップリング以上に、身体で交わることでお互いの存在を強く感じて安心し合う感じがありますが、今回もまさにそれで。
殺人事件の第一発見者となってしまい、動揺して落ち込んだ佳人を、身体で安心させてあげる遥が相変わらずのスパダリ具合でした。

あと、もうひとつのトピックスは、新しいキャラの登場!
殺された男性の孫にあたる高校生が出てくるのですが、彼がなかなか良い。
挿し絵にも2回登場してましが、めちゃイケメン&キレイ(←重要)
そしてなんと、遥と佳人が彼を養子に迎えることになるという含みを持たせたところで、本巻は終わります。
シリーズを読み続けている身としては、佳人のとある台詞になんだかじーんとしちゃって。

このシリーズが中弛みしないひとつの要因は、佳人をはじめとしたそれぞれのキャラが、すごく成長していってるからだなぁと改めて思いました。
遥からお金で買われて家事手伝いをする立場から始まった佳人ですが、
遥の会社で働き始め、秘書となり、そして自分のやりたいことを見つけて独立、とどんどんステップアップしています。
不遇の青年時代を過ごした反動もあるでしょうが、ひたすら前に進んでいって、読者としては頼もしく、応援したくなります。
今度は養子を迎えるということで、遥との関係もまた少し変わっていくかもしれませんが、
ずっとずっとラブラブでいてほしいです。

また、スピンオフCPの東原&執行もちょこちょこ出番あり。
執行も、将来に向けて色々思うところありっぽかったので、スピンオフのほうの続きも楽しみ!

あとあと!
やはり忘れてはいけないのが、円陣先生の絵。
情熱シリーズでは、電子版もイラストが入っているのでありがたい。
もうどのイラストも最高でした。
遥の浴衣姿が特に良かったかなぁ。でも全部良かったです。

感想が長くなってしまった…。

最後になりますが、最新作発売記念で、
シリーズの第一部全6作品が、bookliveで半額になってます!

_20180604_133313


もしまだ読まれていない方はこの機会にどうぞ!
※詳細は「こちら」から。
 (booklive!サイトに飛びます。)


それではこの辺で。


★情熱のきざし (遠野春日)
 ※購入サイトはこちら⇒「BookLive!」「Renta!」「Amazon
 ※電子書籍サイトのおススメについては、下記の記事をご参考ください♪
  ●【ひとりごと】おススメの電子書籍アプリ①BookLive!
  ●【ひとりごと】おススメの電子書籍アプリ②Renta!





※よろしければクリックお願いします♪ ↓↓

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL読書感想へ
にほんブログ村