こんにちは。
前回に続き、今回も検事さんが主役の小説を。
大好きな平河寮シリーズ。


★ZWEI-ツヴァイ- (かわい有美子)
 ※購入サイトはこちら⇒「BookLive!」「Renta!」「Amazon

_20180605_233302


さくらのおススメ度:★★★★★

捜査一課から飛ばされた警察官×攻めと同級生だった検事


【あらすじ】□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

捜査一課から飛ばされ、さらに内部調査を命じられてやさぐれていた山下は、
ある事件で検事となった高校の同級生・須和と再会する。
彼は、昔よりも冴えないくすんだ印象になっていた。
高校時代に想い合っていた二人は自然と抱き合うようになるが、
自らの腕の中でまるで羽化するように綺麗になっていく須和を目の当たりにし、山下は再び惹かれていく。
二人の距離が徐々に縮まっていく中、須和が仕事で地方へと異動することが決まり・・・。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□


須和の健気具合がたまらん~!!!リアルな再会モノ!

※以下、ネタバレありです。

平河寮シリーズはどれも人気ですが、私はこれが一番好きです。
なぜならば健気受けが好きだから!!(分かりやすいww)
シリーズの中でも、唯一警察官同士じゃないお話ですね。
そういう意味でもこれだけちょっと印象に残ってます。

何が良いって、「再会モノ」というありきたりな題材の中で、ちょっと目新しい感じがするところ。
大体再会モノって、久しぶりに会って、「ああ、あいつ全然変わらない・・・今でもキレイだ・・・(惚)」みたいなパターンが多いじゃないですか。

でもこれは違います。
残念ながら受けの須和は日頃の業務の忙しさに追われ、
高校時代の山下を夢中にさせた、独特の透明感みたいなものが失われていて、
山下はすごく失望するんです。
そして須和自身も、くたびれていまった自分を自覚していて、また山下が自分に失望しているのにも気づいていて、
でも、それでも山下が好きで・・・というところが切ない。

例えば、偶然の再会後に、二人でご飯に行く約束をするんですが、
須和は持病の片頭痛で、体調がすっごく悪くなるんです。
普通ならキャンセルしたいところなのですが、
「今日自分からキャンセルしたら、きっともう山下は会ってくれない」と思って、無理に待ち合わせ場所に行ったり・・・。

この話は、山下と須和の視点が相互で進むのですが、
須和がすごく健気な一方で、山下は須和の高校時代からの変化に失望していて、そのギャップがまた切ない・・・。

でもでも!
山下も決して性格が悪い人間ではなくて、少しずつ須和に再び惹かれていて、
惹かれた後は、須和をこれまで不安にさせた分を取り返すようにすっごく頑張るので、
めっちゃ好感度高かったです!
やはり受けは愛されてナンボ!

高校時代の彼らは、確かに両想いだったはずですが、その関係は親しい友人の域を出ていません。
その後色々あり距離ができてしまった二人が、再会後は、高校時代のじれったさが嘘のように、すんなりと身体の関係を結びます。
それでも気持ちはまだぎこちなさがあり、
そのあたりが、高校時代からの時間の経過を感じさせました。

かわい先生らしいお仕事描写もしっかりあって、そのあたりも◎

ぜひぜひおススメしたいです!

それではこの辺で。


★ZWEI-ツヴァイ- (かわい有美子)
 ※購入サイトはこちら⇒「BookLive!」「Renta!」「Amazon




※よろしければクリックお願いします♪ ↓↓

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL読書感想へ
にほんブログ村